ラップサミット

カーラッピングを主としたラッピング・ビジネスにおいてセミナーや講習会などでワンウェイで情報発信される場はこれまでも多くありましたが、双方向で情報交換や意見交換を行う場がなかったため、実験的な試みとして企画されたイベントが「ラップサミット」です。
今後不定期ではありますが全国で企画できたらと思います。
ラッピング関係のイベントなどでの同時開催などでのコラボレーションなどもしていきたいと考えていますのでそういった機会がありましたら是非お誘いください。

情報はFacebookページにてアップいたしますので「いいね!」登録をよろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/wraptechnet/

ラップサミット2018レポート

東京ビッグサイトで開催された「サインアンドディスプレイショー」に合わせて2018年8月31日に開催いたしました。
 
事前申し込みにて参加人数をある程度確定し、貸会議室にて開催しました。
 
遠く北海道から沖縄まで、さらにはドイツからはイエローツールズのマイケル氏、そしてアメリカからもラッパーが参加し、当初30名程度の予定で企画した集まりに50名を超える皆様にご参加いただきました。
初回、しかも会場の規模も限られた時間も含めてかなり駆け足で進行には何かとご迷惑もおかけしたと思います。皆様のご参加、ありがとうございました。
ご参加いただいた皆さんの感想をご紹介するとともに、今後のラップサミットに生かしていきたいと思います。

 

イベントへ参加しての感想

凄く良かったと思います。

 

正直 予想以上の参加人数に驚きました。同時にラッピング業界でラップテックの活動の注目度の高さをとても感じました。また、今までお見掛けした事のない方が結構いらしたので同業が増えているのかな・・・とも感じました。

 

ラッピングビジネスに携わり、まだ経験浅いなかこのような全国各地からラッピングの一線で
活躍されている方々や特別ゲストの普段聞けないような話が聞けて、とても貴重な経験となりました。

 

Wrappingの関係者によるサミットへ参加し感じた事は様々な業種の方が熱い想いで取り組んでいるのだと痛感しました。自分自身も同じ想いなので感激しました。この様な貴重な場はあまりないので、定期的にあれば是非とも参加させて頂きたいと思います。

 

同じ志を持った人達と交流、親交を深めることができました!有難うございます

 

非常に良かったと思いました。かなり有意義な時間でした。

 

 

イベントに参加して良かったこと

業界の方々のそれぞれの仕事に対しての考え方が多々聞けてとても有意義でした。

 

少しですがフリートマーキングの事を話せた事、同じラッピング従事者でも、様々なジャンルや立場の方の今の話が聞けた事、新たに横のつながりができた事などが良かったです。

 

弊社では現在、フリートをもっと伸ばしたいと思っている所でしたので北仲さんや服部さんのお話は、なかなか興味深かったです。 スタッフ棚井が印象に残ったと言っていたのは中本さんの100万欲しいから100万のクオリティーの仕事をする!
胸を張って100万ですよ!と顧客に言える自信をもつ!
だったそうで
もちろん地域性はありますが、若い世代の方々には、刺激になったメッセージだったと思います。 また、最後に名刺交換ができたことで新しい業者さんと、つなぎができ、今後の展開も楽しみです。

 

施工に関する苦労や改善点などが施工者、制作者、メーカー、デザイナーの目線で
一斉に集い話せたことは、ラッピングという業界の足並みを揃えることや
正しい知識、考え方を統一するうえで良かったと思います。
また回数を重ねて参加者が増えラッピングと言うアイテムをカスタムや車両広告の一つの武器として
もっと海外のように世間で確立させていきたいです。

 

参加させて頂いて良かったことは、日本全国からの参加者様との交流です!普段の生活していれば絶対に出逢えない凄い諸先輩方達や他都道府県の方々とのコミュニケーションをとれたことが宝物になりました。

 

 

イベントに参加して悪かったこと、改善点とアイディアなど

あくまでも個人的な希望ですが…次回は全員分の缶ビール用意お願いします)笑
あと先に謝ります生意気な意見で申し訳ありません!見せ方、魅せ方として少し気になった事がありますサミット後半ですラップテックメンバーの方々は自分にとって、そして集まってくださった皆さんにとっても少なからず憧れの人達です!後半で前のほうの席にメンバーの方々が集まっていましたが小さく、すみのほうで身内ノリな雰囲気を出してしまっていたのが少し気になりましたラップテックの名前を掲げた会合に沢山の方々集まったのですからその方々に向けてラップテックメンバーの皆さんのラッピングに対する考え方や想いを伝えていただけたらより良い終わりかたになったのかなと思います
生意気言って申し訳ありません

 

参加させて頂き悪かったことは何もございません。改善点といいますと、イベント中、雰囲気がちょっと重い気がしました。皆様初回なので仕方ないと思います。アイデアなどは、皆様のリアルな施工エピソード(失敗例やこれは知っていて損はないことなど)、質の高い施工の仕方や、時間短縮の裏技等を聞ければいいなと思いました。

 

今回初ということでトークセッションという形でしたが、参加者の中でラッピングの施工する量は会社や地域によって様々です。あまり表に出ない方は若干喋り難いかなと思ったので、事前に参加者にアンケートをテーマに沿ってとっても良いかと思いました。
内容によって改善や注意点などテーマにしていけば参加者の意見、や聞きたいことが経験者の方から聞けたり新たな発見を共有すると面白いと思います。

 

悪かった事は特にありません。あえて言うなら もっと時間がたくさんあったら良かったでしょうか。あっと言う間でしたね。 発言が限られていたのも、日本人なので仕方ないかもです。
やはり会場の広さが足りなかったのは仕方なかったですね
話したい人も気軽に話せる雰囲気作りも大事ですね。
かなりラップテック側で雰囲気作って頂きましたが^^;
個人的に感じたのが参加されて緊張して聞いてる人とラップテックメンバーのリラックスし過ぎな感じのギャップが凄かった(笑)
もう少し事前の打ち合わせ(パネラー同士が顔を合わせて話しのもっていき方等)をした方が良かったのかなとも思いました。
参加者の名前と会社名、地域、普段従事しているジャンル(僕ならフリート・カーラッピング)とか参加者一覧が書いたリストとか最初に配れば、後で名刺交換や挨拶がしやすいなと思いました。
終わってから『あの人来てたんや』とか懇親会でもあるので(人数が多い場合・当日参加者は無理ですが)

 

時間的に各セッションでもう少し余裕があるともう少し突っ込んだ話ができたかと思いました。
また参加者全員がもう少し話しをする時間などあったら良いかと思いました。
名刺交換タイムはとても良かったです。
出来れば会場はもう少し広いと良いですね

 
 

運営

ラップテック : http://wrap-tech.net
運営事務局:株式会社エスタス
神奈川県川崎市麻生区百合ヶ丘3-27-6
contact@wrap-tech.net
※この企画はラップテックが独自に行なっているものでサインアンドディスプレイショーとは関係ありません。

協力関係各社

Advance Eight Tokyo / Active Garage / Crystal Cars / GENESIS / P.G.D(サインアートツカ)/Rinda Factory / S&Company / T,J Cre8tive
3M / Avery Dennison / DFC Quest / KPMF / ORAFOL JAPAN / Paint is Dead / Yellotools / 服部マーキング(順不同:敬称略)